江口眼科病院(函館)のレーシックはどう?評判・特徴・診察時間など

江口眼科病院

札幌レーシックガイド担当者視力が悪い人なら、誰もがレーシックを気になっていますよね?

近視や乱視、遠視などの目の障害を手術によって矯正させるレーシックは、今から数十年以上の歴史があるとも言われています。

北海道でも有数の技術を持つという函館の江口眼科病院のレーシックは、どのような特徴があるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。
 

丁寧なカウンセリング

江口眼科病院の外観

江口眼科医院の特徴として、レーシック手術をする前にしっかりとして医師と患者との話し合いが行われるということ。(もちろん他のクリニックでもしっかりとカウンセリングはありますが。)

江口眼科医院では、この術前インフォームドコンセントを非常に大切にしています。

レーシックがどのようなものか、メリットとデメリットなどについてを、医師と患者が双方納得するまで徹底的に説明してくれます。

目にレーザーを当てるというレーシックに恐怖があるという人に安心感があるようです。

さらに、術前検査では今までにかかった病気、目の病気の有無といったことから、仕事や生活などの日常での様子、治療を受ける動機といったことまでチェックが行われます。

こうした問診を始め、10種類以上の検査を行うということも特徴的だと言えるでしょう。
 

江口眼科病院のレーシック技術

江口眼科病院が行なっているウェーブフロントレーシックは、レーシックの最新系のものの一つです。

こちらはエキシマレーザーシステムである「STAR S4IR」を採用しています。これにより、一人一人の目に合わせた手術が可能になったのです。

以前までよく行われていた旧ケラトームレーシックとは、具体的にどのような違いがあるのかを解説します。
 

ウェーブフロントレーシック

レーザー照射

ウェーブフロントレーシックでは眼球の動きを3次元で追尾します。

手術中にかすかに動く眼球をカスタムビューの位置合わせ技術によって、その動きを感知します。それによって、レーザーを正確に照射することが出来るのです。

万が一眼球が大きく動いてしまったというときにも自動セーフティ機能が働くため、レーザーが停止します。これにより安心感も高まると言えるでしょう。

また、カスタムビューは眼球の動きを感知するだけでなく、角膜矯正の位置や形状に最適な照射径を使い分けます。

このことも正確な手術に関連しています。角膜の切除を短縮できるだけでなく、手術の時間を最短にすることによって、患者の体への負担も最小限に済ませることができます。

また、レーザーのパルス速度を一定に保つことで、角膜の表面の温度を一定に保ち、角膜の負担を最小限に抑えることも出来るのです。

見え方の質

質の高い手術が出来るため、視力だけではなく、その人個人の「見え方」にも配慮することを実現することができます。

夜間視力も改善されるので、夜歩くときにもクリアな見え方を期待することが出来るのです。
 

レーシック費用

施術名 両眼料金
ウェーブフロントレーシック 300,000円

適応検査の料金

来院前に要確認。

 

江口眼科病院の理念

技術力のある江口眼科病院ですが、その病院理念に掲げている「患者様の心に届く医療を」「喜びの医療を」という言葉が心強いとの声も聞かれます。

情報開示とインフォームドコンセントに配慮をした医療を心がけている江口眼科医院では、患者に「見える喜び」を貢献できる喜びを感じて職務に取り組んでいるとのこと。

また、眼科としての仕事だけではなく、心の癒しと喜びに貢献するという喜びも忘れていません。

そして、すべての病院スタッフが喜びだと感じている「より良い医療を実践するために学び続ける喜び」。

このような病院理念を持っているからこそ、江口眼科医院は最新・最高の医療を実現出来ているのかもしれません。
 

江口眼科病院データ

診察時間

受付時間:平日8:00~16:30、土曜8:00~12:00
※診察開始は8:30~

休診日

日曜・祝日

公式サイト

https://eguchiganka.co.jp/

住所・場所

北海道函館市末広町7番13号
・市電十字街より徒歩1分

駐車場

病院正面と高砂通りに専用駐車場あり